1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06

トコトコ歩く

家族のコト。なんとなーく好きなモノ。あと色々。トコトコのんびり団地から。


Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,-- Edit


Back to top


Category: 家族のコト。   Tags: ---

仕事を辞めて思ったこと。

仕事を辞めて、早1週間
茶話会・参観日・懇談・図書活動 気兼ねなく参加しました
ゆっくり話す時間がなかった友達とゆっくり会ってみたり
会いたい友達に連絡してみたり、会いたい友達が連絡してきてくれたり

こんなことは、きっと仕事をしていてもできたことだけど
それができない仕事場だったから だから今はそれが嬉しい
カヨ子が学校から帰った時、家にいてあげられるのが嬉しい
「鍵っ子」じゃなくなったことが嬉しい

ワタシが保育園に通っていた時
共働きだった両親の仕事の帰りが遅くて、いつまでもいつまでもお迎えを待っていた時があった
職員室の入り口のソファーでひとりで待っていた

ワタシの父親はワタシが6歳になる直前、32歳の時に病気で死んだ
小学生になってワタシは「鍵っ子」になった 学校から帰ってきても、家に誰もいないのは普通だった
まだ学校の授業があった土曜日のお昼は、ひとりでカップラーメンを食べた
だからといって、淋しいと感じることはなかったと思う 
この生活が当たり前だった

ワタシが働いていた時、カヨ子はどう思っていたんだろう
家にいないことが普通で、参観日なんてこなくたって平気だと思っていたのかもしれない
だけど、ワタシは嫌だった
たぶん子供の時の自分とカヨ子を重ねて見ているんだろう
淋しくなかったはずなのに、自分と同じ経験をさせたくないと思ってる

カヨ子は来年中学生だ 1年しか違わなかったとしても「小学生」と「中学生」じゃ違う
今しかできないコトがたくさんあると思う
例えカヨ子が「家に誰もいなくたって平気だよ だから仕事頑張って」と本心から言ったとしても、ワタシは仕事を辞めていたと思う

子供の時の自分とカヨ子をだぶらせて ワタシは自分に「安心感」を与えたいのだと思う
スポンサーサイト

テーマ : 生き方    ジャンル : ライフ

Comment: 0   Trackback: 0

07 09 ,2014 Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。